就職活動時の適性検査の結果について

就職先を選ぶ時に、適性検査の内容を参考にする人がいますが、鵜呑みにしてはいけません。適性検査にはいろいろ種類があり、その中でも適職診断と呼ばれている職種に対する適性を見る検査があります。考え方を提示するものとして適性検査の結果を活用することは有意義なことですが、それが全てではありません。適性検査といっても落とし穴があり、検査結果が悪い場合でも、自分に合う仕事であることも考えられます。納得のいく就職活動をするためにも、適性検査の結果を重視しすぎずに、情報の重要性は自分の判断で取捨選択しましょう。思考停止気味に、適性検査の結果を1から10まで真に受けるようなスタンスでいると、就職活動がうまくいかないこともあります。就職活動をする時に、適性検査の結果が行動を制約するようなことにはならないようにすることが大事です。自分にはこういう面もあるのかも、自分はこういうのも合っているのかもと、結果を頭の隅に置いておくくらいなら良いでしょう。適性検査の結果については、ちょっとしたアドバイスをもらった、程度の距離間でいたほうがいいでしょう。ですが、その結果が自分の全てだと勘違いしてしまうと、視野が狭くなって、就職活動に悪い影響を及ぼしかねません。就職活動をしている時は、自分の可能性が広がっている事を前提に行動したほうが、結果的にうまくいくこともあります。適性検査を受けたことで、自分の中にあった気づかない可能性に気づくということはいいことですが、その逆のことも起こりえることは、考えておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です